「まだ~の20代」と「もう~の30代」~パート①~

carshare501IMGL2465_TP_V.jpg

千葉県市川市や埼玉県和光市周辺で活動をしているBUDDY BRIDALです。

エリアページなど他のブログからこちらへ訪問して頂いた方には、重複した内容も含まれますが、ご了承ください。

「まだ~の20代」と「もう~の30代」とは?

このフレーズを「まだ~」は20代、「もう~」は30代~方が発信する事が多いとの話です。

「まだ、25歳だから結婚は早いかな~」

「もう、35歳だけど私結婚できるのかしら・・・」

どうですか?

20代、30代でよく耳にするフレーズがあるのです。

また、結婚や婚活を考えた事のある方は、きっと一度は同じような考えで「まだ~」だから結婚より仕事を優先したり、「もう~」だから出会いを求める事に消極的になったりと経験をお持ちではないでしょうか?

男性であれば「まだ、新人社員だから~。まだ、給与が●●だから~。」で現状での婚活を諦めている方も多いかもしれません。

また、このフレーズは婚活している方で、男性より女性の方がお聞きする事が多いと見受けられます。

これは、女性出産・育児・家庭など男性よりリアルな問題として捉え、自分の時間や将来と真剣に向き合う事が多いのかもしれません。

そしてこのフレーズについて結婚相談所の仲人としては、「まだ~の20代」と「もう~の30代」・・・この両者の考え方が逆転すると恋人に出会う可能性も高いのにと思っているのです。

その理由について話をしていきたいと思います。

【まだ~の20代】を「もう~の20代」にチェンジするメリット


TAKEBEIMGL3765_TP_V.jpg


20代の「まだ~」には、色々な理由があるかと思います。

単純に時間的猶予、仕事やプライベートなどこれからの経験やキャリアを積む時期でもあるし、友人同士の時間、興味を持つ事に出会えるなどなど。

そんな状況で「まだ~」から「もう~」に20代の方が考え方を変えるメリットは

① 結婚して出産に適している身体的年齢である事。
② ご両親がまだ若く、出産・育児など結婚生活・育児生活の支援を受けやすい事。
③ 仕事や家庭など両立する経験や、今後の将来を見据えたイメージを描く事、それを共感できるお相手を探す時間的猶予がある事。
④ 婚活市場において、求められる年齢であり様々な方と出会い、選ぶ事ができる可能性が高い事。

どうでしょうか?
皆様はどう思いますか??

もちろん、全ての方に適しているメリットではないかもしれません。
① に関しましても、20代30代過ぎても出産できないという事はございません。

(実際、私の知り合いも40歳以上で出産して幸せに家庭を築いております。若い頃からご自身の身体の事を気遣って意識されていた事もよい結果を導いた一つかもしれません。)

しかし、一般的に20代の方が身体的・時間的猶予・環境が適しているのは事実だと思います。

自分たちが40代頃になると自分達のこと以外にも、ご両親のサポートや介護などが必要になるケースもあるかと思います。

そう考えると20代の若さ=時間的猶予を有効活用し、今後の将来を幸せに過ごすパートナーを探す事が上手な「若さ」の活用の仕方だと思いませんか?

また、同年代の方と結婚を考えたい女性は特に
「もう~」と思い、婚活や出会いを求める活動をした方が良いと思います。

(結婚相談所では20代同年代の方を探すのが難しく、自分より上の年齢の方から申し込まれる事が多いからです。)

これが、「まだ~」の考え方を「もう~」に変える事のメリットで私がお勧めする点です。

★次回は続きの「もう~の30代」を「まだ~の30代」にチェンジするメリットについて話したいと思います。

★また、BUDDY BRIDALは「まだ~」を「もう~」にチェンジするためにご用意がございます。

それは・・・・34歳以下の女性の婚活支援プランです。

「若い」が武器です。34歳以下特別女性婚活支援プラン」

0-05.png

入会金も登録料込みで2万円。

月会費6,900円と20代の方でも無理なく婚活が継続できる金額にしております。

また、将来に繋がる方との出会いを!!との思いから

お見合い料金を無料にし、お見合い申し込み件数も制限なしでサポート。
安心して、出会いの中からお相手を見つけてください。

また、成婚料も12万円と通常より3万も抑えた金額設定になります。

しかも、8か月以内に成婚退会の場合は、2万円のご祝儀!!

プラン詳細はこちら

ぜひ、「まだ~」から「もう~」へ変わってみませんか?
ご連絡をお待ちしております。