「まだ~の20代」と「もう~の30代」~パート②~

TAKEBEIMGL3765_TP_V.jpg

埼玉県和光市と千葉県市川市を拠点に活動しているBUDDY BRIDALです。

前回、「まだ~の20代」を「もう~の20代」に考え方をチェンジするメリットをお話させて頂きました。

20代の方は、「もう~」と考えて婚活を始める事により、「若い」という最大メリットを有効に活用できるという内容でした。

ご興味のある方は「まだ~の20代」と「もう~の30代」~パート①~をご覧ください。

今回は、「もう~の30代」を「まだ~の30代」にチェンジするメリットを挙げていきたいと思います。


「もう、35歳ですけど・・・」
このように30代(特に30代半ば~40代半ば)の方から「もう~」のセリフを良く耳に致します。

30代以上の方は、「もう~」と考えがちですが、本当に「もう~」なのでしょうか?

仲人カウンセラーの立場としては、30代、40代の女性の方の社会生活から得た経験値は、20代の若い方が持っていない、「武器」だと考えております。

なぜなら、実際に結婚および結婚生活には、お互いの意志疎通や相手への配慮など様々な大人的な対応力は必要だからです。
「幸せ」を維持できる要素の一つに、お互いの仕事や趣味・生活スタイルなど理解して協力できるかどうかが重要です。

「結婚を考えられるパートナー」を求める際に、社会で人付き合いをしてきた経験のある30代は「もう~」という程、悪い条件ではないと考えております。

では、なぜ30代~の方は「もう~」となる事が多いのでしょうか?

理由は、幾つもあるかとは思いますが、面談などを通じて感じる理由の中に・・・
1) 好きな人ができる気がしない、好きな人と結婚できないと思い込んでいる。
2) 自分の年齢を意識してか、異性に後ろ向きであったり、異性の視線や好意が自分には向かないと思い込んでいる。
3) 自分を肯定できない、結婚できていない自分など自分自身の事を認めていない
この3点が多いように思えます。

1)に関してはまた別の機会で説明をする予定ですが、簡潔に言うと、「好き!」と思いえる人より、「嫌いでない」と思える人が多くなること。
また、若い頃のように「この人が好き!」のように惚れるまで気持ちが上がらない自分に気が付くようです。
また、男性は女性を選ぶ際に年齢・容姿、女性は年収や仕事・年齢を重視する傾向にあります。
そのことが今までの人生経験から感じ得たり、周囲の環境や思い込みが、20代の方と自分を比べて自信を失う原因かと思います。

そこで、「まだ~の30代」にチェンジして、前向きになることがこれからの先へ進むために必要かと思います。

考え方を変えるだけで、下記のようなメリットを武器に,婚活市場から勝利をもぎ取ることへ繋がると考えております。

・20代より30代の社会での経験値があり、お相手に対しても大人の理解や対応力がある
・恋愛と結婚は違うと理解し、20代の頃の自分と今を比較して自分自身の変化や成長を理解した行動が取れる。
・相手に求めるだけではなく、自分が相手に何ができるのか?そのためには努力するマインドセット

いかがでしょうか?
30代の方は、今までの自分の過ごした時間を肯定し、
「まだ~」とポジティブに考える事により20代の頃にはない自分の武器(魅力)も理解できるかと思います。

さあ、その武器をフル活用して、大勢のライバルに打ち勝ち「幸せ」を勝ち取りましょう!
私たち、仲人カウンセラーがお手伝い致します。
**********************
あたなたの結婚相談所 BUDDY BRIDAL(バディ ブライダル)
電話:080-5416-2410
営業時間:11:00~22:00
定休日:不定休
<男性向け用HP>
https://buddybridal.com/about/
<女性向け用HP>
https://www.buddy-bridal.tokyo/

【SNS・ブログなど】
<Facebook>
https://www.facebook.com/bridal.buddy.54?fref=comp
<Twitter>
@buddy_bridal
<Instagram>
bridal.buddy
<アメブロ>
https://ameblo.jp/sorariku-toru/

**********************